ハイブリッドカーとPHV・EVは何が違うのか?購入前にチェックしよう!

MENU

ハイブリッドカーはあの有名な用語の事

エコカーのイメージ

 

「ハイブリッドカー」は、"複合的な仕組みを併せ持つ車"と訳すことができ、より詳細な表現に言い換えると「動力を2つ持った車」となります。

 

一般的な車はガソリンエンジンのみで動作するものですが、実はエンジンには苦手なシーンがあります。
そこで苦手を補うためにエンジンに加えてモーターを車に組み込むことで、発進時や急加速時の動作をモーターが補助し、通常走行時は普段どおりエンジンに切り替えると言った役割分担が可能になりました。

 

動力の役割分担を行うことで車の全体のパフォーマンスが向上し、低燃費を実現、更には環境に優しい車へと進化しました。
また、ハイブリットカーはHybrid Vehicleと英訳されることから、日本ではハイブリッドカーのことを「HV」と呼ぶ場合が多いです。

 

PHVやEVとは明確な違いがある

ハイブリッドカーはHVと呼ばれるエコカーの仲間です。
エコカーにはHVだけでなくHVの親戚であるPHVや、HVの子供とも言えるEVといった種類の車もあります。
それぞれのHVとの違いを確認しておきましょう。

 

EVは、モーターの性能に特化

ハイブリッドカーに蓄電

 

「EV」は、電気自動車のことで"Electric Vehicle"の略称になります。
充電スタンドを利用して車に搭載されているバッテリーに蓄電することで、モーターのみの動力で車を動かすことが可能になりました。
その仕組みは"家でチャージして出かける"スマホのような車になります。

 

HVと異なりガソリンエンジンを利用しないことから、走行中の二酸化炭素排出を抑制できるので環境性能という面ではトップクラスの自動車となります。
しかし、バッテリーが切れたら代わりの動力がないので、ハイブリッドカーと比べるとエアコンや照明などの電気類に注意して使用しなければいけないと言えるでしょう。

 

PHVは、HVのいいとこ取り

「PHV」とは、充電スタンドでバッテリーをチャージできるタイプのHVで"Plug-in Hybrid Vehicle"の略称になります。
通常HVのモーターに与えるパワーは自家発電のみで賄われており、自分で充電する仕組みは搭載されていません。

 

PHVとなることでモーターに直接充電し、モーターの稼働率を上げることが可能となりました。
これにより、モーターだけでも車を動かせる程の電力を蓄積することが可能となったので、HVとEVどちらの使い方も利用できるパワフルな車となりました。

 

都心で活躍するドライバーにオススメされる

都心のドライブ

 

ハイブリッドカーにおいて、モーターを動かすためのパワーは"停止エネルギー"の置換により賄われます。
田舎で広々走るより、渋滞や細かい減速の多い都会での走行において、最も輝く車となるでしょう。
もし現在のガソリンエンジンによる車が買い替えのタイミングでしたら、家計や環境に優しいハイブリッドカーを検討されてみてはいかがでしょうか。