ディーゼルエンジンには燃費や加速性能の面でメリットがあります。

MENU

ディーゼルエンジン

駐車場に停まるトラック

ディーゼルエンジンは、かつてはトラックなどの商用車を中心に採用されていました。
昨今はマツダや欧州車をはじめ、乗用車でもディーゼルエンジンを採用した車種が増えています。
ディーゼルエンジンは構造上、小型化するのが難しかったですが、改良を積み重ねて乗用車向けエンジンを普及した歴史があります。
軽油を使用する特性からランニングコストの安いメリットがあり、燃費や加速性能にも優れています。
ネックになるのは製造コストの高さと、環境への悪さです。

ディーゼルエンジンの構造

ディーゼルエンジンは1892年にドイツのルドルフ・ディーゼルが発明していて、使用する燃料ではなく開発者の名前が由来になっています。
圧縮着火で燃焼を繰り返すのがディーゼルエンジンの特徴です。
通常のガソリンエンジンは点火プラグを使ってガソリンと空気の混合気を爆発させています。
ディーゼルエンジンはピストンによって圧縮加熱した空気に液体燃料を噴射することで自己発火させる構造です。
エンジンとしての効率は良く、発火点が225℃程度の液体燃料を使用する必要があります。
有名なのは軽油を使ったディーゼルエンジンですが、重油やスクワレン、エステル系などの燃料も利用可能です。
熱を動力に変える効率が良いため、ガソリンエンジンよりも平均2~3割程度燃費が良く、自然発火させる構造からターボエンジンと組み合わせることが多いです。
自然吸気のガソリンエンジンよりもディーゼルターボの方が燃費が良く、ハイエースなどディーゼルとガソリン車のある車ではディーゼルの方が軽快に走ると評判です。

ディーゼルエンジンのデメリット

赤い背景と煙

ディーゼルエンジンは性能面で優れていますが、環境に悪くて製造コストの高くなるデメリットがあります。
マツダ車は乗用車向けディーゼルエンジンの開発に積極的ですが、ガソリンエンジンモデルよりも車両価格が高額になることがネックになります。
また、自然着火になる構造から、燃焼ムラができやすく、長く使っていくとNoX(燃えカスからでるスス)が発生していき、使うほど性能が劣化するデメリットがあります。

ディーゼル微粒子捕集フィルター(DPF)の普及

ディーゼルエンジンは使うほど環境性能が悪化する問題から、昔のディーゼル車は新車から6~7年経過すると車検に通らなくなるデメリットがありました。
以前は地域によってディーゼル規制が異なったため、都心で使うトラックをあえて地方で登録する不正が多発して問題視されていました。
ディーゼルエンジンの性能は良いけど、長く乗れない問題点から3リッター以下の商用車はガソリン車を選ぶ需要が多かったです。

 

この問題を克服するために開発されたのがディーゼル微粒子捕集フィルターです。
メーカーによって呼び方が異なりますが、DPFと称されることが多いです。
ただのフィルターではなく、DPF装置が付いている車は、NoXが貯まるとエンジン内部を高温に熱して燃やすことでエンジンをクリーンな状態に保てます。
最近のディーゼルは排ガス規制で車検を通せなくなる事例が大幅に少なくなりました。

 

ただし、DPF再生を行うためには燃料を消費してエンジンを高温にするため、カタログ燃費以上に実燃費の落ちるデメリットがあります。
燃費重視でディーゼル車を選ぶ人が多いですが、燃費だけで見るとカタログ値よりは低くなってしまうことを覚えておきましょう。
それでも、パワフルなエンジン特性で走りを重視してディーゼルを選ぶ需要が高まっています。